>

歯科矯正を迷っている人のための最新の治療方法、器具まとめサイト

費用を抑える方法とまとめ

この記事をシェアする

費用を抑える方法について

誰しもが受けられるわけではありませんが、歯科矯正の費用を抑える方法が2つあります。

まず1つは口蓋裂(口蓋裂)口唇裂(口唇裂)や顎の変形症などのケースです。本来、歯科矯正は医療保険の適用外となりますが、これらのケースにあてはまり、国から先天性な以上であると認められれば保険が適用されます。

2つ目は、確定申告の時に医療費控除を受けることです。年間の医療費が10万円を超える場合に適用され、上限は200万円になります。
ただし、子供の矯正の場合は基本的に受けられるようですが、大人の矯正の場合には見た目の審美性を高める矯正歯科ではなく、健康維持のための機能回復を目的とした治療であると認められる必要があるようです。

まとめとして

これまで様々な治療法や治療季語を紹介してきましたが、実際には、治療前に歯科医師と治療法や使用器具などについて念入りに話し合いをしながら決めることになります。
歯科医師側ももちろんどの方法が効率よく治療できるかを考えてくれると思いますが、少しでも高い治療を施したいという気持ちもまったくないわけではないと思います。
なので歯科医師との話し合いをする前にある程度、歯科矯正にはどのような治療法や器具があり、どれくらいの費用が必要になるのかの目安みたいなものの知識を入れておき、自分にはどの治療があっているのかなどのイメージを頭の中で作っておくと、後々後悔してしまうといったことになる可能性を減らせるかもしれません。