>

歯科矯正を迷っている人のための最新の治療方法、器具まとめサイト

歯並びが悪いことで引き起こす様々な健康リスクを知っておこう

この記事をシェアする

ワイヤーブラケット矯正

ワイヤー矯正

・金属ワイヤーブラケット
金属製のワイヤーを歯の表面に巻きつける方法です。
メリットとしては、治療代が比較的安い方で・殆どのケースで治療が可能ということです。
デメリットとしては、金属ワイヤーが目立つこと、金属アレルギーの人には使えないということです。

・審美ブラケット
金属ではなく、透明な非金属製ワイヤーを使う方法です。
メリットとして、ワイヤーが透明なので目立たないことや金属アレルギーの人も使えることがあります。
デメリットは、金属製を使うよりも費用が高く付く傾向にあることです。

・裏側矯正
歯の裏側に器具を取り付ける方法です。
メリットは、器具が外から見えにくいことや前歯を引っ込める矯正に効果が大きいことがあります。
デメリットは、費用が高額なこと、なれるまで少し喋りづらいなどがあります。

マウスピース矯正

・マウスピース矯正
歯にマウスピースをかぶせて矯正する方法です。
メリットは、透明であるため外からしていることがわかりづらいことや金属アレルギーの人もできること、簡単に取り外しができるのでストレスを軽減できることがあります。
また、はじめにまとめていくつか作ることで治療に行く回数を減らせるというメリットもあります。
デメリットは、ブラケット治療に比べて矯正する力はやや弱めで歯列を大きく変える治療には不向きなことや、マウスピースによって唾液の流れが遮られることで虫歯のリスクが上がるということが言われています。また、寝ている間に歯ぎしりによってマウスピースが割れてしまったという事例も報告されているようです。